Monthly Archives: 6月 2014

スマホ用無料ゲームアプリの実態は

スマホ(スマートフォン)はその高機能な特性からさまざまな特徴を持っています。インターネットへ環境の充実とともにネットを通した各種アプリのダウンロードが出来るようになりました。ゲームアプリも多くのジャンルの中から気に入ったゲームをダウンロードして遊べるようになりました。 今では有料アプリに加えて、無料アプリも多く存在するようになりました。その無料アプリは当初は無料なだけにその範囲でしか遊べないものでしたが、最近のアプリはとても高機能でレベルの高い内容のアプリが増えて来ています。容量の多いRPGやアクション系のゲームも無料ということで、魅力あるものとなっていますが、実際に無料で提供する側にとってはメリットがあるのでしょうか?それはいくつかの理由があります。 その1つに、本来目的とするものをPRするためにリリースする、という理由があります。例えばある映画を題材としたゲームアプリがそうです。特にアニメ映画などではこの主人公などをキャラクターにして映画のPRのために無料で遊べるゲームアプリをリリースしています。それから無料で提供する代わりに、画面の上部や下部に広告を掲載するパターンがあります。最近の無料アプリはこの広告が増えており、広告によって収益を確保しているゲーム会社が多くあるようです。

パズドラの成功がアプリ内課金システムを生んだ

スマホ(スマートフォン)ゲームは今や誰もが楽しんでいるゲームとなっています。スマホを持たない子どもたちもお母さんなどのスマホを借りてプレイしているシーンをよく観るようにもなりました。要するにスマホが携帯型ゲーム機となってきたのですね。それだけスマホには魅力あるゲームが盛りだくさんあるということが言えるでしょう。 そのスマホゲームが人気となるきっかけを作ったパズドラ(パズル&ドラゴンズ)ですが、その後も単純に楽しめるゲームとRPGという二つの要素を融合させたゲームアプリが続々と登場しました。そのほとんどは無料でインストールして遊ぶことができます。それらはゲーム事態は無料で遊ぶことができますが、続きを途中からしたい場合やライフの維持に欠かせないアイテムを取得するのに必要な魔法石などは有料となっているのです。 これらのアイテムはよりゲームを優位にすすめたい方に取ってはぜひ欲しいアイテムなので、ほとんどのプレイヤーが課金してゲットするようです。このアプリ内課金システムによってパズドラを発売したメーカーのガンホーはアプリ内課金売上が2012年の売上年間第1位になるなど大きな収益を上げています。そしてガンホーの収益も大幅に向上する結果となりました。このガンホーの成功例にならい、各ゲームメーカーもこのようなアプリ内課金システムを導入したゲームアプリを次々に発売するようになりました。

スマホゲームの人気のきっかけとなったゲームアプリは

「あなたも携帯電話をスマホ(スマートフォン)に替えた!?」と言った声が聞こえてきそうですが、今使用している携帯電話を買い替える際にはスマホに切り替える人が多くいます。今、テレビCMでも、若い男性がスマホに買い替えたら、まずやるのがスマホのゲームだとアピールしています。そして王子と姫が登場し、大ヒットしているパスドラの世界へと導いています。それだけスマホはゲームをするには魅力となっているのです。 そして多くのゲームアプリが登場しており、各ゲームメーカーもスマホ用の新作ゲームの開発を積極的に行っているようです。そのスマホゲームがヒットするきっかけとなったのがパズドラ(パズル&ドラゴンズ)です。このパズドラは今までのゲームと違い、パズルゲームとRPGを融合させた点が大きな特徴となっています。2012年2月にiPhoneのApp Storeから発売され、その約8ヶ月後にandroidのアプリとして発売。2012年から翌年にかけて大ヒットし、今でもその勢いは続いています。 ブロックのパズルを消していくといういたってシンプルなゲームと、モンスターの収集と育成、そしてRPGの要素を組合せることでより面白みを増してユーザーを惹きつける大ヒットとなりました。ちょっとした待ち合わせの時間に手軽にパズルゲームをやり、時間があるときにはRPGをプレイするといったような遊び方もできることから多くのファンに支持されたのです。

スマホ用のゲームアプリ「スリブレ」攻略サイトは

最近は屋外でスマホ(スマートフォン)のゲームを楽しんでいる人たちを見かけるようになりました。それは多くの人気ゲームアプリが登場したからでしょう。これはテレビCMも含め、多くのマスメディアで取り上げられていることからその人気の程がうかがえるようです。そしてまたゲームソフトを手がけるコロプラから話題のゲームアプリが誕生しています。それが次世代スマートフォンゲーム「スリブレ(スリングショットブレイブズ)」です。 このスリブレはキャラクターをひっぱって飛ばすひっぱりアクションRPGという新たなジャンルとして話題となり、発売1週間で早くも100万ダウンロードを記録したヒットとなっています。スリブレは主人公が冒険者となり、伝説の武器である「スリングショット」を求めながら旅に出る壮大な冒険ファンタジーとなっています。このゲームもキャラクターを指で引っ張りながら飛ばしていき、敵のモンスターを倒していくゲームです。 このスリブレをより面白く楽しむためにその最新情報や攻略方法などを紹介した攻略サイトがおすすめです。それが「スリングショットブレイブズ(スリブレ)攻略.com」です。サイトはこちらhttp://xn--zckycvcj9608dnjua.com/このサイトはスリブレに関する最新情報を満載し、スリブレ攻略には欠かせない情報に特化したページです。クエストを攻略するために武器や防具図鑑、強化素材などの情報が豊富にアップされています。ぜひアクセスしてみてください!

ゲームアプリの疲れ目対策

スマートフォンのゲームアプリはいつでもどこでも遊べるので楽しいし、1回のプレイ時間が短くて済むので、仕事の休憩やちょっとした待ち時間、電車に乗っている間などにも遊べて良いですよね。ですが、1回のプレイ時間が短いということは、「あと1回だけ」「あ、本当にあと1回だけにしよう」「うーん、もう1回だけやろうかな……」と、ずるずると遊んでしまいがちな面もあるのではないでしょうか?(あれ、私が意志弱すぎなだけですか?) スマートフォンは同じブルーライトが出ている画面とはいえ、パソコンよりも目が疲れやすいと言われています。パソコンの方が画面が大きい分、受けるブルーライトも多くなり、目が疲れやすいのではないかと思っていたけれど、違うそうです。その理由は、スマートフォンの方が画面が小さい分、文字や絵が小さいので目が疲れることや、画面が小さい分、液晶と目の距離が近くなること、デスクトップパソコンなどと比べると手に持って使うのでどうしても目に近づけてしまうことなどがあるようです。 というわけで、スマートフォンのゲームアプリをしていて目が疲れるなあと思う場合は、これらに気を付ければマシだということですね。つまり、(画面の大きさはそうそう変えられないので)目と液晶の距離を保つことです。50センチは離した方が良いそうですよ。座っていて膝の上にスマートフォンを置くくらいでしょうか。あとは、時々液晶から目を離して遠くを見て目を休ませたり、まばたきをしたりするのも効果的なんだそうですよ。ゲームアプリを楽しむためにも、目は大事にしたいものです。

ゲームのし過ぎで手が痛いのは病気です

ゲームアプリおよびスマートフォンの使い過ぎによる病気が増えているそうです。それは何かというと、腱鞘炎。 テニスやピアノのし過ぎでなるというのは昔からありますが、ここ数年、スマートフォンの利用者が増え、また、利用時間の長い人が増えることで、ドケルバン病という種類の腱鞘炎になる人が増えているそうです。このドケルバン病、最悪の場合は手術をしないと治らないそうです。そう聞くと怖いですよね。 ドケルバン病(および腱鞘炎全般)にならないために気を付けると良いことを、まとめておきたいと思います。・片手打ち且つ親指打ちをしているとドケルバン病になりやすいそうです。……指1本に負担がかかるので当然の帰結ともいえるでしょうか。PCでできるメールはPCからキーボードを使って送信する方が良いかもしれませんね。・痛みを感じたらまず手を休めることが大事だそうです。……患部を酷使するのが一番いけません。痛みを感じたら、というよりは痛みを感じる前から、使う時間を短めにするなど工夫した方が良さそうです。・手のストレッチをすると良いそうです。……スポーツと同じで、酷使する部分はストレッチしましょう。ドケルバン病に効くストレッチなどはネット検索等してみてくださいね。 大事な手をスマートフォン(趣味)で潰してしまわないようにしてください。

音がなくても楽しめるゲームアプリ

皆さん、スマートフォンのゲームアプリはどのようなものが好きですか?また、そのゲームアプリはいつプレイして楽しみますか? 私は、ぷよぷよクエストみたいな落ちものゲームもRPGも好きですし、育成系も好きですし、クイズ系も好きです。ゲームする時間と言えば、電車に乗っているときと、寝る前に少しでしょうか。 ぷよぷよクエストなどの、音声も一緒に楽しみたいものは、自宅で音声オンにしてゆっくり楽しみます。ですが、このような音声があった方が断然楽しいゲームは、私は外出先ではしません。電車の中などはマナーモードなので音声は楽しめませんし、イヤフォンを持ち歩いてまでゲームアプリをしようとは思いません。(一度イヤフォンの持ち歩きを試してみたことがあるんですけど、いろいろひっかかったりして不便だったので、私はイヤフォンは好きでないのです。) では、どのようなゲームなら外出先でマナーモードでイヤフォンなしでも楽しめるでしょうか。それは、のんびり系の育成ゲームです。もちろん癒し系のBGMや、世話をした瞬間に音がなるようなゲームアプリもあるでしょうけれど、(個人的な感想ですが)バトル系などほど音声が重要ではないと思っているからです。外でゲームアプリをする時に音声に満足できていないという人がいたら、育成ゲームを試してみてくださいね。

ゲームの王道ぷよぷよをスマホで

ゲームと言えば何を思い浮かべますか?オセロとかトランプとかの系統じゃなくて、昔ながらの言葉でいうところのコンピューターゲーム類としてのゲームです。私は専らぷよぷよですね。子どもの頃に一番流行っていたからというのがその主な理由ではありますが、落ちものゲームでもあり、ロールプレイングでもあるというのが、今主流の”なんとかRPG”(クイズRPGとかね)の走りなのではないかなあと思っています。(別にゲームの歴史を検証したわけではありません。) さて、ぷよぷよはスマートフォンのゲームアプリとしても現在人気がありますね。「ぷよぷよクエスト」という名前のゲームアプリだと思います。 ぷよぷよは様々なバージョンがありますから、ちょっとずつルールやキャラクターも違います。うまく楽しく爽快に勝ち進んでいくためには、攻略サイトを見るのが近道ですよ。私がおすすめのぷよぷよクエストの攻略サイトは「ぷよぷよクエスト裏技.com」というサイトです。URLはこちら(http://xn--39ja4cb4nqb6d4fu023c8bud.com/)です。「ぷよぷよクエスト」の課金アイテムである「魔導石」を無料でゲットする方法なども紹介されていますので、無課金ユーザーの方には大変オイシイサイトといえるでしょう。是非見てみてくださいね。